仲介手数料は交渉できる。

仲介手数料は交渉できる。お金の話
スポンサーリンク
スポンサーリンク

マンションの買い方

今回の物件も含めると、私はこれまでマンションを3軒購入し、2軒売却をした経験が有ります。購入したマンションは、2軒が新築物件で、1軒が中古物件です。新築物件と、中古物件では買い方が少し違いますので、買い方と売り方について少し説明をしたいと思います。

スポンサーリンク

新築マンションを買う

新築マンションの場合は、新聞やWEBなどで広告をよく見かけると思います。良くポストとかに広告も入りますよね~。

基本的に、すべての部屋をデベロッパーと契約をした販売代理店が売るのですが、売り方は様々で、私が購入をした時は、建築計画時に売り出しをかけ、入居はマンションが完成する1年以上後、というパターンでした。

最近は、物価や人件費の上昇などを懸念してか、すべて完成後に売り出しを開始するところが多いようです。販売代理店は、マンションのデベロッパーから報酬を貰うため、買う側は、仲介手数料を支払う必要はありません。

必要になる費用としては、マンション本体の代金、住宅ローン関連の諸費用、登記関係費用になります。

スポンサーリンク

中古マンションを買う

中古マンションは、ヤフー不動産などに掲載されています。いいなと思う物件が有ったら、その物件を仲介している不動産業者(webページに表示されています。)に連絡をして内見をし、購入する流れになりますが、発生する費用としては、上記の費用以外で仲介手数料を不動産業者に支払う必要が有ります。これは法律で率が決まっていて、物件価格の(3%+6万円)以内となっています。

なので家を買おうかな?と思った際には、新築マンションと、中古マンションを買う場合で、仲介手数料を含んで、どのくらいの金額になるのか、きちんと計算をしましょう。同じ金額くらいになるならば、やっぱり新築の方が良いですしね。

スポンサーリンク

仲介手数料は交渉可能

中古物件を購入するときに不動産業者に支払う仲介手数料ですが、単純に計算するとすごい金額になるですよ。例えば、今度売却予定のうちのマンションの場合だと

(4,930万円×3%+6万円)×消費税=約170万円です。えーーー、高いって思った方かなりいますよね。

ただ、仲介手数料には一つポイントが有って、先ほどの率『物件価格の3%+6万円以内』を見た際に、以内が付いているところに目が行った方は鋭いのですが、仲介手数料はあくまでも『…以内』なので、値引き交渉をすることが可能です。

うちの場合は、前回も売ってもらった不動産業者にお願いをし、お値引きお願いと言ったら、20%値引きいただくことが出来ました。

20%値引きしてもらうことで、仲介手数料は約137万円になります。ちょっとの交渉で、33万円浮いたことになりますので、中古物件を買う際や、売る際には、仲介手数料の交渉することをお勧めします。

勤めている会社の福利厚生で、この仲介手数料を値引いてくれる!!なんて特典があることも有るので(私の退職前の会社では、大成有楽不動産販売が仲介手数料30%引きでしたが、売るのは退職後であったため、利用できませんでした。)必ず確認をし、余計な支出はカットしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました