寒い地方で困ること(水道管破裂)

冬の寒さ

 

こんにちは、ウメぱぱです。

寒い日が続いて、まさかの水道管が破裂したというお話をします。

それでは行ってみましょう(;´∀`)

 

実家でも2か所破裂

帰省して、すぐに数年来の寒波が来たと書きましたが、その際にあちらこちらの家で発生した問題が、水道管の破裂です。関東の都市部に住んでいるときには、全く経験したことがなかったのですが、帰省してたった20日ほどの間に、実家の水道管が2か所破裂しました。近所でも同様のことが起こってしまっていて、田舎には水道業者があまりないため、修理の依頼をしてもすぐには対応して貰えないとのことでした。

みなさん、水が使えないって本当に困りますよ。

水道管破裂時の対処方法

  1. まずは、水道管が破裂しないように、特に外に面している水道管に布を被せておくとか、破裂防止用の電熱線を巻いておくとか、とにかく水道管が破裂しないように対策をする。
  2. 夜、水道を使い終わったら、水道管の元栓を占めておく(私もそうだったのですが、水道管の元栓の場所を知らない方も多いようですので、水道管の元栓場所を確認するようにしておきましょう)。
  3. 翌朝、水を使う前に水道管の元栓を開け、メーターが動かないか確認をする(この時点で、どこか水道管が破裂している場合、メーターが動いています。メーターが動いていたら、どこからか水が漏れ出していないか確認しましょう。)。
  4. もしも、漏れ出していたら水道業者に連絡し直してもらうか、自力で修理する。

最低気温が-5度以下で要注意

数年来の寒波が居座っていた期間は3日ほどだったのですが、3日間の間に最高気温が-2度、最低気温が-6度の日もありました。後で色々な方に話を聞いたのですが、水道管の破裂が頻発するのは、最低気温が-5度を超えるような場合にとのことでした。

原理は、、、水道管の中が凍ってしまい、凍ると膨張する水の性質によって水道管の弱い場所が割れたり、水道管にひびが入ったりしてしまい、暖かくなって凍った部分が解けることにより、水が流れ始め、それと同時にそこから勢いよく水が噴出してしまうという、ということだと思います。

自力で修理するには

水道管が破裂した場合には、水道業者に来てもらって、きちんと直してもらうことがもちろん良いのですが、水道が使えないと、歯磨きもできないし、洗濯も、洗い物も何もできなくなってしまいます。

ただ、簡単な修理であれば自分で行うことも可能です。
実際にうちの実家も、水道業者は呼ばず、以下の方法で修理しました。自力で修理するためには、以下の確認が必要なので、万が一の時のために確認をされることを強くお勧めします。業者さんを呼ぶとすぐに数万円飛んでいきますしね。

  1. 水道管の元栓の場所を確認しておく
  2. 自分の家に引き込まれている水道管の口径を確認しておく
  3. 水道管修理のために、継ぎ手と塩ビパイプ用のボンドを購入して保管しておく
  4. 直せそうな場所であれば、上記を使って直してみて様子をみる。

 

 

 

https://amzn.to/3sU4xqg
https://amzn.to/368VFU1

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました